YZF-R3 と CBR250RR のまとめ的な

スペック
          支払総額  馬力  トルク  車重
YZF-R3(2018)  56.6     42    29   170
MT-03(2017)   49.3     42    30   165
CBR250RR(2017) 64.4    38    23   165

MT-03がモデルチェンジ前なので激安ですね。まだ買えるのかな?

ちなみにYZF-R3とMT-03のエンジンの2017モデルと2018モデルの差ですが、
トルクが1下がって、燃費がかなり良くなっています。WMTCで24.6 → 27.6
排ガス規制に対応させた為ですが、その分燃費を向上させたのは企業努力ですね。

ポジション、前傾姿勢が強いのは CBR250RR>>>>YZF-R3>MT-03 です。
当然ですが前傾がきつくない方が運転は楽です。

前傾姿勢で楽しく走れそうなのは峠道くらいですかね。
なんとなく、レーシーな気分にさせてくれます。サーキットが一番ですけど。

R3のエンジンはしつけの出来た、320ccエンジンです。
R25は超高回転、高出力型エンジンです。回して楽しいというタイプ。
R3は高回転、高出力型エンジンです。欲しい時にトルクを供給してくれます。回さなくても楽しいエンジンです。

R3のエンジン特性はツアラーのような感じと書くとわかり易いでしょうか。

ハンドリングはCBR250RRについては、私がポジションに慣れる前にギブアップしたので
あまり書きませんが、レーンチェンジ等では普通と感じました。

R3は楽しいです。レーンチェンジでもスッと曲がってピタッと止まります。
自分が上手くなったような錯覚に陥ります。

コーナリングもトルクで曲がる感じです。
安定感が高く安心して曲がれる感じです。
やっぱり私はYAMAHAのハンドリングが好きなんだ。と再認識しました。

CBR250RRはラジアルタイヤを履いていますが、YZF-R3はバイアスタイヤです。
私も最初PILOT STREETはラジアルと勘違いしてました。
PILOT STREET RADIALと言う銘柄があり、こっちがラジアルなんですね。

R3にラジアルを履かせたらもっと良くなるかもしれません。
と言うか最初から履かせてくれYAMAHAさん。

末尾ですが、よくネットで「CBR250RRを買うのは若者、これはダメと言うのはおやじww」
なんて書き込みが散見されますが、これって結論が出ている事に気が付かないのでしょうか?

若者=知識や経験が乏しい者が買って、知識や経験が豊富な人達が買ってないんですよ。
既にどういうバイクなのか、結論が出ていると思います。

関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

めっけちゃいました

明日は寒いですけど
頑張りましょうね〜

同じ型のCB400SF乗りより

R25/3とCBR250RRについて

どうも、はじめまして。さざなみと申します。

弊ブログの足あとから来させていただきました。
ちょうど私もCBR250RRの試乗をしてきたばかりなのと、R25には3年乗っているので、一連の記事について、楽しく拝見させていただきました。

私からしても、R25はツアラー、CBR250RRはプチスーパースポーツ、という印象です。
CBR250RRは、YZF-R125とかRS4 125のような低排気量SS型(コンセプト)モデルの風味がある250ccという感じで、峠や高速などでバイクに負荷をかけて乗るタイプの人には合うモデルだろうと思います。私は好みでした。

ただ、ゴレンさんも指摘されていますが、サスペンションが堅すぎるのはどうかと思いました。堅いのは別に良いのですが、堅いながらももっと柔軟性がある必要があったというか、普通の速度帯でももっと可動域を広くすべきだと思ったところでした。急ブレーキをかけてもあんなに沈まないフロントサスペンションはなかなかありません。

ハンドリングに関しては、セパハンを下げて操舵性を落としているはずの私のR25よりも大きく自由度が低く、軽快さが足りなかったですね。これも基本的にサスペンションのせいだと思うのですが、ただ、操作自体にはきちんと従ってくれますし、体重移動メインで乗るとクルッとキレイに曲がれます。R25──というかヤマハのハンドルがとても良いのだ、と割り切って考えていただいた方が良いように思います。

エンジンは250ccクラス最強でしょう。

車体全体のバランスの良さについては、R25とではコンセプトそのものが違いすぎて、本来は比較すべきでないのかもしれない、と個人的には思いました。単純にそれなりの腕の人が速く走りたいなら間違いなくCBR250RR、快適性や使いやすさ、多様性を求めるならR25の方が確実に良いです。
ですから雑誌等での性能比較で結果がCBR250RRの一人勝ちになるのは当たり前だと感じました。


R25/3も、実際のユーザー層に占める若者の割合はほかのジャンルのバイクと比べると圧倒的に高いです。意外と、Ninja250も含めて若者に選んでもらうと、あの「いかにも」なデザインが嫌な人はそれなりにまとまった数いて、そういう人はR25/3を選んでくれます。以前、袖ヶ浦のイベントに行ったときに、自分でステッカーを貼っていない人がほとんどいなかったこともあり、そういう意味でも自由度が高いバイクに映っているのかな、と思います。

違いの分かる大人で、コストを気にしている人は──私はNC750、MT-07に行っているように思っています。前者はリターン、後者はリッターからのダウンサイズとリターンで乗る人が多いという印象です。同価格帯、同排気量帯では、SV650(X)という選択肢もあります。これは好きで乗る人向けのモデルでしょうね。
あと、これは若い方でしたが、CBR250RRとCBR400Rで後者を選択し満足している、という方もおられました。何を優先するか、ですが、軽二輪にこだわりがないのであれば、エッジの効いたデザインのフルカウルなら、CBR400Rという選択もあるかと思います。

とはいえ、CBR250RRが若者向けなのは、カワサキ並の水準で若者をバイクに引き込みたかったからだと思いますし、若者がどうのこうの言うのは、まあそのままの意味ですから言わせておけば良いと思います(そんな私は、ゴレンさんより少し年下くらいだと思います(笑))。
ただ、CBR250RRは、ある程度腕がないと峠などでは上手に乗れないと思いますから、乗りこなしていれば素直に賛辞を、ヘタレていれば生暖かく見守ってあげればいいかな、と思ってます。


R3に興味をお持ちのようですので、僭越ながら、R25/3について少々。
①純正フロントブレーキパッドはあまりに止まらないので、マシなものに交換してください。R25でもそう思ったのですが、R3なら尚更です。ヤマハの低排気量モデルのディスクブレーキは、R125、R15、R25/3と、一貫してフロントは止まらずリアは止まる、という性格です。これはどうにかならないかな、と個人的には思っています。
②タイヤ交換は慣らしが終わったら、速攻された方が良いと思います。
趣味にもよりますが、各社のハイグリップラジアルタイヤはどれも良いと思います。特に、新製品であるα-14とパワーRSは私も装着しましたが、納車時にそう悪くなかったと感じていた純正タイヤと違い過ぎて、もう笑うしかない感じです。
③お金に余裕があれば、KYB・ワイズギアの純正オプションサスペンションはラジアルタイヤを履くのであればオススメです。乗り味が違いすぎて笑えます。私は純正のサスペンションも嫌いじゃありませんが、せめてリアだけでも換えるとかなり違うと思います。

R25/3は、カスタムの自由度がとても大きいバイクです。私は素人が変更できる部分は相当変更を加えましたが、ちゃんとバランスをとろうとしさえすれば、バランスがまったく崩れません。
カスタムパーツも多いですし、世界展開しているモデルの強さか、海外からの取り寄せも含めると無尽蔵な選択肢があります。これは世界モデルではない、CBR250RRにはないメリットだろうと思います。

もっとも、懸念点もあります。
おそらく、今年中に新型の発表があります。エンジンやフロントフォークに変更が加えられることが確実なため、「今がピーク」のモデルだろう、ということ。
そして、これは私のR25に対する感想なのですが、とにかく変更を加えていかないと「飽きる」感じのバイクであること。
この2点です。

私はデイトナ675Rに2年、R1に4年半乗りましたが、いずれもエンジン音やフィーリングに「酔える」レベルであり、それは今でも変わらないな、と思うのですが、R25にはそういうのがありません。少し単調な感じがします。
日常の足としては十分な性能かと思いますので、私は別にヤマハの回し者ではありませんが、ご検討いただくと良いかと思いました。


すみません、人様のブログにすごい長文を書き込んでしまいました(^^;。
大変失礼いたしました。

いや、私も1月前に買い換えを真剣に検討していたので、似たようなことを高レベルで(レンタルして高速道路走行まで)されている方の記事を拝見することができて、嬉しかったのです(笑)。

ありがとうございましたm(_ _)m。

南関東は今日は雨ですね。私も午前中の外出で少し降られました(苦笑)。

Re: R25/3とCBR250RRについて

こんにちは、さざなみさん。

沢山の情報をありがとうございます。

R25/3とCBR250RRがコンセプトが違うので、同列で比べるのは間違いと言う考えに賛同いたします。
そして、CBR250RRがきちんと入力してあげればきちんと返してくれると言うのを聞いて、
いかにもHONDAっぽいなと感じました。
私のCB400SFも入力した分しか帰って来ないので、そこはHONDAテイストなんだと納得しました。
CB400SFのフロントサスは簡単に仕事を始めますが..

R25/3のフロントブレーキですが、実は私の乗ったレンタル車が380KMしか走っておらず、
あたりがついてないのかなと勘違いしていました。
下りの信号で黄色になり、普通にブレーキを掛けたら全く止まらずに横断歩道にまで前輪が乗ってしまいました。

ラジアルタイヤの情報ありがとうございます。
このサイズのラジアルタイヤは選択肢が狭いのが悩みどころですね。

サスペンションですが、さざなみさんは前後ともKYB製にされてのでしょうか?
リアはいいのですが、フロントが2種類あってどっちが正解なのかがよくわからない状態です。
なにか情報をお持ちであれば、お教え頂けないでしょうかm(_ _)m


今年中か来年の頭に新型が出る噂がありますね。
ただ、YAMAHAもCBR250RRを意識せずにはいられないと思います。
そちら寄りなってしまうと、私の購買対象ではなくなってしまう恐れもあります。
私は現行のR25/3が気に入っております。\(^o^)/


R3に乗って良いバイクだと思ったのですが、具体的にどう良いのかと言うことが文章にできませんでした。
あえて言うと普通だからとなってしまうのですが、これではCBR250RRを試乗した人には全く響きません。(T_T)
普通=飽きるのが早いと言うのは、以前にNinja650を試乗した時に自分で言ったセリフです。
ただ、なんかうまく言えないのですが、R25/3は何か惹きつけるものがあると確信しております。

買い替えで次期候補を考える時間は楽しいですよね。
次は何を検討されましたか?

※私も今日出かけて、降られました。(^_^;)

Re: タイトルなし

黒五郎さん。

サーチ力高すぎです。(^_^;)

ここは私のストレス発散場所なので是非ともご内密にお願い致しまする。m(_ _)m

No title

長文のコメントにもかかわらず、するっと迎えていただき、ありがとうございました。

KYB・ワイズギアのサスペンションについては、私は前後とも換えています。フロントはインナーキットの方です。
https://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1056/item/Q5KYSK084F02
こちらで宣伝するつもりはなかったのですが、下記にレビューを載せておりますので、ご参考いただければ。
http://studiomic.blog.fc2.com/blog-entry-412.html

2つの違いは、要は、フロントフォーク全部を取り替えるのか、それとも中身だけ取り替えるのかの差です。が、全取っ替えの方はカートリッジ式の機構を積んでいるので、細かい調整(伸圧調整)が可能になります。
ワイズギアのHPでの搭載写真は「全部」の方です。

インナーキットの場合はプリロードの調整しかできません。見た目も違います。
サスペンションをそれこそCBR250RR並に堅くしたい場合は、インナーキットでは難しいかもです。

「全部」の方はレースに出られないのだそうですが、レースに出るのでなければ「全部」の方が良いことは間違いありません。ただ、価格がかなり違います。

ゴレンさんは快適性をお求めのようですので、インナーキットの方でも十分使用に耐えると思います。
SS向けのオーリンズサスペンションに比べるとずっと柔らかく、堅くするのが難しい感じです。


新型は、現行のR15とR6のデザインの中間くらいになるのではないかと言われています。
私も2009~2014のR1のデザインの方が現行R1より好きなんですが、今のモデルの新車を買うならば、今年が最後になるかもしれませんね。

なお、ゴレンさんの写真の試乗車のカラーリングは2017年モデルのものです。

ちなみに、私が買い換えを検討したモデルは、下記をご参照いただければと思います。
http://studiomic.blog.fc2.com/blog-entry-408.html

また長くなってしまいましたが、ご容赦いただければ幸いです。

Re: No title

さざなみさん。

私の駄ブログと違い、長文でも内容がしっかりしてますので読みますよ~
KYBのサスの情報ありがとうございます。

確かにノーマルサスの中身取替だけで伸圧調整ができるようになるはずはありませんね(^_^;)

私の用途はおっしゃる通り快適性と峠を走らせて楽しいくらいです。
教習所での練習用にCB400SFがあるためにMT-03ではなくR3のちょっとレーシーな感じに惹かれました。
今、吊るしでガリガリ走りたいならばCBR250RRになるのでしょうね。

新型Ninja400も悩むのですが、KLX125とNinja250に乗ってKAWASAKIのこのクラスに対するコストの
削り方に疑問を持っていたのでちょっとパスかなと思います。

ちなみに私が疑問に思ったコストの削り方は、バイクの根幹部分のパーツのコストを削ってくる所です。
6Rまで行けばそんな事はないのかもしれません。

新型は多分、生粋のSS乗りなさざなみさんの好みにジャストミートする予感ですね。

試乗車が2017年モデルとのご指摘ありがとうございます。お恥ずかしい。
実はつい先日、自分の勘違いに気がついたのですが、修正するのをサボっておりました。(^_^;)

ちなみになのですが、R25はたまにエンジンがかかりづらくなることはありましたでしょうか?
もしかして、オフセットシリンダーによる弊害なのでは?と勘ぐってしまっております。

No title

R25がエンジンがかかりづらいかどうかについては、概ね普通だと思います。
この季節ですし、エンジンがかかりにくいのはある程度仕方ないと思います。

というか、私の印象では、ヤマハ車自体、全体的にホンダ車に比べるとエンジンは元々かかりにくいと思っています。
セルがまわっている時間がちょっとだけですがやや長めに感じます。

ただ、私も3年にちょっとだけ達しないくらいのときに、突然、スタータースイッチを押しても、「パスっ」っていう一瞬の音とともに再びバッテリーが起動し直し、どうやってもエンジンがかからなくなりました。
これはバッテリーの不調でした。

YSPさんの話によると、純正で元々積んでいるバッテリーは、2年~3年で、ほぼ全員ダメになっているそうです。
症状も同じケースが結構あるらしくて、「さざなみさんの乗り方でもダメでしたか」と言われました。


御指摘のカワサキのコストの削り方はスズキにも同じことが言えると思います。

新型Ninja250/400ですが、私の駐車場条件を無理なく満たすので候補からは外しませんが、コストの削り方以外にも、6Rしか乗っていませんが、いくつか疑問を持っている点があります。

ZX-6Rは、驚くほど一般道では(一見すると)R25とフィーリングが変わりません。
Ninja250からステップアップした人が早々に事故っている例をいくつか知っています。
これは、250ccと同じノリで乗れてしまうからだと個人的には思っています。

フルスロットルまであけるのに、やたらと物理的に回転させなければいけなかったり(これはNinja250もそうらしいです)、サスペンションも、柔らかくすると乗り心地がコンフォートすぎて、設定によっては路面ノイズを拾わなくなったり、かなり危険です。
初心者でも乗りやすいようにか、「公道、それも一般道・市街地での乗りやすさ」を求めるあまり、公道に存在する様々なノイズに対し、車体がライダーに対して発すべき警告的な情報量が足りない、というのが6Rでのカワサキの私の印象です。

ヤマハもホンダも、ついでに言うとトライアンフ(あるいはオーリンズ)も、そのあたりはあえて残している気がするんです。
KYBサスペンションに変更してみて思ったのですが、サスペンションが柔らかく、コンフォート性が高いのに、同じくそこそこ柔らかかった純正サスペンションよりも路面ノイズについてはかなり鋭く拾います。なので、目では確認しづらい地面の荒れに早い段階で気づくことができ、安全に資するつくりになっていると思います。

6Rの倒立ビッグピストンを供給していたSHOWAのせいかもしれませんが、シートもコンフォート性が異様に高かったこともあり、そのあたりも含めると、結局はカワサキの設計コンセプトによるんじゃないか、と思っています。

また長くなってしまいました。すみません(^^;。。。

Re: No title

エンジンの機動性に関してはR25/3の持病のようなもののようですね。

エンジン屋と言われたHONDAには敵わないですね、YAMAHAはハンドリングなのでそちらが気に入れば問題ないです。

サスペンションは何か永遠の課題のような気がしてきました。
純正のサスは公道も走るのだからある程度は柔らかくと言う方向性があるのかもしれません。

6Rにステップアップして直ぐに転倒という話を聞いて思い出しました。
現行Ninja400の謎の転倒報告で、これは動画で後ろから撮影していたものもあったんですが、
本当に何も無い所でスルッと行ってました。

同じフレームのER-4nで教習所練習中、直線のブレーキ中に前が滑って転倒と言うケースもありました。
乗っていたのは県代表です。

私はあのサスが横についている車体の固有の問題と思っていたんですが、
もう少し視野を広げたほうがよさそうですね。

オーリンズ程では無いにせよ高い買い物なので2の足を踏みますが、KYBのサスは良さそうですね。

あっと、バッテリーですが、私もはるか昔VTZでツーリングから帰宅後、再度出かけようとしたら、
パーンと言う音と共に2度と動かなくなりました。w
バッテリーは早めの交換が吉のようですね。
プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR