Ninja650 インプレ

Nina650をレンタルし奥多摩に行ってきました。

借りたのはレンタル819吉祥寺店です。
レンタルバイクの種類は沢山あるのですが、高速から遠いのがネックですね。

9:30に到着、10:00開店なのですがバイクを出し始めていて、中で待たせて頂きました。
地味にこういうの助かります。9:45には手続きを終えて出発です。

走り始めてのファーストインプレッションは、ポジションがなんと言いますか、コンパクト。
足も結構、窮屈、手も若干下に下がっているので、総じてコンパクトになる感じです。

凄くNinja250を彷彿とさせます。同じNinjaなので当然といえば当然なのかもしれません。
足つきは凄くいいです。CB400SFよりも良いです。
CB400SFのシートは結構幅があるので、シート高の数値よりも実際の足つきは悪いです。

タンクは細いです。ニーグリップするのは、あと少しだけ幅があっても良いかも、
その分タンク容量増やして。

クラッチは軽いです。アシストクラッチは良いですね、これとETCは250cc以上のバイクの
標準装備にすべしと思います。

高速に乗ります。
このエンジンは良いですね、大型バイクの加速をちゃんとします。SV650はしません。
カウル付きのバイクに乗るのも久しぶりです。

ウインドプロテクションを左手で確認したのですが、胸から下と言った所でした。
もっと欲しい人は純正で大型スクリーンが出てます。

今日は風が強く、吉祥寺までWR250Xで行ったのですが、首都高でずっと怖い~と言ってました。
それに比べ、Ninja650は素晴らしかった。直進安定性も良く、風にもあまり煽られません。

1XXKM/Hで段差を超えた時にリアサスからゴツっと突き上げを感じました。
まぁ、ありえない状況なので黙殺です。

高速を降りて給油し、所々濡れた道を走って周遊道路へ着きました。
写真を取捨選択しませんでした。全て貼らせて頂きます。
20171030_1 20171030_2 20171030_3 20171030_4 20171030_5 20171030_6 20171030_7 20171030_8 20171030_9 20171030_10 20171030_11 20171030_12 20171030_13 20171030_14 20171030_15 20171030_16 20171030_17 20171030_18 20171030_19 20171030_20
20171030_21 20171030_22 20171030_23 20171030_24
KRT Editionの2017モデルですね。
2017の方が良いですね、2018モデルは横っ腹の650と言う排気量が書かれているのがダサいと思います。

あまり写真が無い鍵の写真も撮りました。
噂のステップのおもり、このおもりのお陰でステアリングに比べ、
ステップの振動は半分くらいに抑えられていると感じました。

そして周遊を走り始めましたがダメでした。
路面が濡れている事よりも、落ち葉が凄すぎてまともに走れたものではありませんでした。

ちょっと濡れているけど、落ち葉がない所でちょっと寝かせたら、フロントがニュルッと滑りました。
なに、このタイヤ、そう言えばさっきからリアのABSの介入が多いなと思っていたんですが、

Ninja650のOEMタイヤは駄目ですね。
私が買ったら慣らし完了と同時にタイヤ交換を敢行します。

車両価格を抑えたいのは分かるんですが、こんな危ないタイヤを選んじゃ駄目でしょ。
買った人に怖い思いをさせるのはどうかと思いますよ、KAWASAKIさん。

Ninja250はIRC RX01からTT900GPにOEMを変えて、おおって思わせたのに、残念。

ひいひい言いながら周遊を走り抜け、トイレを済ませてからまた撮影
20171030_25 20171030_26 20171030_27 20171030_28 20171030_29 20171030_30 20171030_31

1回だけ、ぐる珍区間を往復して、やっぱダメだと思い山梨路へ向かうのでした。
ここでふと、なんか私、完全にNinja650に馴染んでるなと思いました。

ポジションも全く気にしてないし、エンジン特性もほぼ把握してるし、
これは、Ninja650が非常に万人向けに作られているからなんだろうなと思いました。

気づいたら自分のバイクのようになっていたなんて、とても素晴らしい事ではないでしょうか。

山梨道もところどころ路面が濡れてましたが、落ち葉がそれほどなく、周遊よりも快適に走れました。
こっちを往復したほうが良かったようです。

途中の休憩所にて、また撮影
20171030_32 20171030_33 20171030_34 20171030_35 20171030_36 20171030_37 20171030_38 20171030_39 20171030_40
うんこタイヤはDUNLOP SPORTSMAX D214でした。
?どこかで聞いたな...MT-09のOEMタイヤか、気づかなかった。

濡れた路面で滑るという事は、温度依存が高い、要するに路面温度が低い時のグリップしない、
走り始めて直ぐならまだしも、ここまで150KMくらい走ってきて試した結果がこれなのでだめですね。

紅葉が綺麗だったので、またパシャリ
20171030_41 20171030_42 20171030_43 20171030_44 20171030_45
20171030_46 20171030_47 20171030_48
言わなきゃわからないんですが、トイレの前です。w

そして、主役は空の場所でまた、パシャリ
20171030_49 20171030_50 20171030_51
しくった、左側の柱がジャマだ。

高速に乗りのり吉祥寺に向かいます。
バイクを返した後に、ショールームを覗かせて頂くと、なんと青のNinja650がありました。パシャリ
20171030_52 20171030_53 20171030_54
KAWASAKIのHPで見た時はこの青が良いなと思ったんですが、KRT Edition と比べると
ちょっと殺風景かなと感じました。そして、青はやはり寒そう。(^_^;)

隣にZ650があったのでハンドルを比べるために撮影しました。
モーターショーではあまり変わらないと思っていたんですが、

こう見ると明らかにZ650のほうがアップライトですね。人の感覚はあてにならない。
Z650のタコメーターは好きになれない。

まとめ
Ninja650はよく出来たスポーツツアラー

特筆すべきはユーザーフレンドリーなパッケージ、
足つき性の良さは女性ライダーに門戸を開き、
疲れないポジションはツーリンライダーをいざない、
高燃費は学生ライダーを振り向かせ、
スタリッシュな外観はSS疲れのライダーに憩いの時間を与える。

Ninja650をあなたの手に!

(これだけ褒めときゃもろもろ大丈夫だろ)

燃費報告
高速 58.2KM 3.29L 17.68KM/L これ、前に借りた人がセコくて満タンにしなかっただけです。
峠  75.2KM 3.09L 24.33KM/L AVG計の数値は24.2KM/L
高速 53.4KM 2.79KM/L 19.13KM/L AVG計の数値は24.0KM/L

帰りの高速は空いていたので、ゴニョゴニョ、そんな私を抜いていったツアラーバイクに、
トップボックスがついていた。あれ、100KM/Hまでしかだめなんじゃ...

おまけのWRの燃費
高速 99.6KM 3.66L 27.21KM/L

WR250Xの相場を見てみたら大変な事になっていた。
新車の乗り出しが100万超えだって、すげ。
関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR