CB400SF 今更インプレ

CB400SFに約5,000KM乗りましたので、遅ればせながらインプレでも書こうかと思いました。

CB400SFは色々な人が既に評価済みですね。
ただ、大概の評価は低速レンジでの評価だと思います。

一般的に、優等生、乗りやすい、パワーがある、誰にでも乗れる、てとこでしょうか。
真に受けてはいけません。

このバイクが一般的な評価と合致するのはVTECを効かさないで走っている場合のみです。
大型に乗っていた人から見ると、VTEC以下の回転数では加速しないと感じるはずです。

峠道を走る場合、VTECに入れないと上りでは全く加速しません。
VTECに入れるとなんとか加速するのですが、このエンジンはピックアップが良すぎるのです。

一気に回るものの下がるときも一気に下がります。
例えばNinja250の場合は1万前後をキープするのが容易なのに対し、

CB400SFは1万前後に針を留めるには熟練が必要になってきます。
このエンジン特性は実は低回転でも発生しているのですが、パワーが出ていないので、

あまり感じる人はいないと思います。ソフトドンツキとでもいいましょうか。

高速を走ると、今度はモーターのようなトルク感の無いエンジンのせいで、
同時にスピード感も感じません。

気がつくと、体感よりもかなり高い速度で走っている事があります。
この辺はマフラーを交換すれば感じられるようになるのではないかと思いますが、

同時に疲労感も上がるので、あまりオススメはできません。
CB400SFの純正マフラーはただ重いだけではないです。コケても凹まないんです。

ハンドリングに関してですは、もう満点をつけても良いのでは無いかと思います。
HONDAが何十年もかけて熟成させて来たその足回り、ハンドリングは何でもこなせます。

下道、高速、峠、教習所、教習所でのハードな練習(白バイ的な)、どれでも完璧です。
正にスーパー優等生です。

現在ではCB400SFよりも軽い大型バイクもあるご時世なので、
比較してしまうとお世辞にも軽いとは言えません。

あえてそう言う味付けにしているのでしょうが、ハンドリングも軽快よりも安定の比重に
振っている率が高いと思います。

これはきちんと操作すればきちんとその通り動くよと言うCB400SFの意思表示に受け取れます。
良く言えば骨がある、悪くいうと古臭い、かな。

総評しますと、間口は広いが、本当に乗りこなすには熟練を要する。ノーマル=完全体。

免許を取った初心者が買ってもなんの問題もありません。
ただ、手放す時にちょっと考えて欲しい、本当にCBを乗りこなせていたかどうかを。

関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR