CB400SF 奥多摩、SV650との比較

CB400SF で奥多摩に行って来ました。

生憎の霧雨と霧でした。
ビビりながら走ります。

多分、湖まで行けば乾いているはずと思いながら進むと本当にグル珍区間のみ乾いていました。
当たり前ですがバイクは少なく、走りやすいので、グル珍区間のみを往復しました。

途中、1回だけ登ったんですが、やはりコンディションは変わらずでした。

川野にて
20170514_1
カメラを変えました。
CASIOのEX-Z80を使っていたんですが、昨年の事故の時にちょこっと削れて穴が空いてしまいました。
それでも使えていたので使っていましたが、最近ガタが出始めたので、買い替えました。
買ったのはIXY190です。

撮る人が変わらないので写真も変わらないですね。w

グル珍区間を走りながら、SV650と比べてどうだろうと思いながら走っていました。
タイヤは同じ160ですが、ひらひら感はSV650の方が上です。
CB400SFの方が大型バイクっぽくドシッとしています。(古臭い?)

加速はSV650の方が上です。
CB400SFは回転数を10,000回転くらいにキープしないと加速しません。
キープするのは結構難しいです。

SV650の方がイージーに速く走れると思います。

音は圧倒的にCB400SFの方が良いです。
インライン4の音はそそられます。

好みですが...

CB400SFも生産終了になるっぽいですね、250の4気筒が無くなったのと同じように
400ccの4気筒も消え行くのでしょう。
しかし、排ガス規制ムカつくな。

帰りの山梨道も3回位、雨に振られましたがなんとかたどり着きました。
タイヤの塩梅
20170514_2 20170514_3
20170514_4 20170514_5
まぁまぁ行ってるっぽい。
このタイヤですがコーナー脱出時に荷重をかけてもなんか踏ん張っている感が無いです。
WR250Xはアクセル開けるとグッと踏ん張っている感があるのですが...

タイヤのせいか足回りのせいか、CB400SFのタイヤを交換すればわかると思います。

マフラー焼けてるっぽい。
20170514_6 20170514_7
写真だとわかりづらいですが、マフラー部分はかなり飴色っぽくなっています。

帰りの高速は流れていたのでずっと車の後ろを走っていました。
途中でR32のGT-Rが後ろについてきました。

車はバイクにつかれるのを嫌がって道を譲ってくれます。
前走車に追いつくために加速するとGT-Rも喜々としてついてきます。

なんかGT-Rの為の露払いみたいになってしまいました。w

加速音は良いんだけど、VTECゾーンで巡航するとちょっとうるさい、
切り替わるギリギリくらいで巡航するのが一番楽チン。

SV650も回すとうるさい、バ--って感じ、WR250Xに似ている。

燃費報告
高速 100.4KM 4.91L 20.44KM/L
峠  116.9KM 6.21L 18.82KM/L
高速 99.5KM 5.49L 18.12KM/L

燃費はSV650の勝ち、CB400SFの方がタンク大きいし(小声)

来た。
20170514_8


関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR