セロー AIキャンセル

何やらAIキャンセルが効くと言うコメントを頂き、セローは結構やっている人が多いので、簡易的に
やってみることにしました。

このパーツをかまして蓋をします。
20150506_1

こんなかんじで間にかまして行きネジで留めます。
20150506_2

本当はこれで蓋をしてこっから先のパーツを取っ払って、反対側に蓋をするのですが、
効果があるかどうか不明でしたので、取り敢えず簡易的に塞いでキャンセルしてみました。

さて試乗です。ん?なんかちょっと力強くなったような気が...低速は...う~ん、
やはり250cc程度では、あまりわからないのかもしれませんが、今度、このまま林道に行ってきましょう。
なにか違いが分かるかもしれません。

ついでに、最近ギアの入りが悪いな~と感じていたのでググったらシフトペダルの固定部分に皆さん
グリスアップしてましたので、真似してやってみました。

写真撮るの忘れた。(^_^;)

外すとグリス溜まりようにシャフトが凹んでいるのですが見事にすっからか~んでした。
グリスをたっぷり塗りこんで組み付けて完了です。

スコスコはいるようになりました。良かった良かった。
関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

AIは本来は排ガス規制をクリアするため「だけ」に作られた装置です。
同時に行われる他の対策も相まって、バイクの動力性能にはデメリットしかない事は明らかでしょう。

一方、それら法規制に意味があるのかどうかを含め(多分年間販売台数を考えると自動車と比べるべきもない)、その妥当性も考える所です。

余談ですが、アクションカムを導入後、セローではチェストマウントだと、思いきり速度表示が映ってしまう事に気が付きました。だからどうなの?と、指摘されれば開き直るつもりでおりますが、一抹の罪悪感が顕在化しているのも事実です。

AIキャンセルについても、その辺を追求していくと中々難しい話になりますが、私は法的なデメリットも含めて「アリ」だと考えています。

※削除キー 1234

Re: No title

こんにちはセロリさん。

ふ~む、AIは環境問題の為のものと言うことですな。ふむふむ。
私の場合SP忠男のPOWERBOXでPOWERは既に上がっているし、
力造のマフラーに変えてありますが、アフターファイアーも出てません。

1度この状態で走りに行ってみて、付けるか、外すか判断したいと思います。
ご助言ありがとうございました。

カメラの件ですが、私はGOPRO3+をヘルメットに付けていますが、メーターもばっちり
写ります、角度にもよるんでしょうが、セローの場合は林道しか撮らない&ヘタレ
なのであまり気にしてませんでした。

奥多摩の時もメーターが映り込むんですがこちらはアウトですね、まぁメーターが
映らなくても周りの流れる速度でバレバレなんですが。w

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR