WR250X 3フィンガー

実は以前、ZETAの3フィンガーのレバーを頂き、交換しました。

ただ、それでグッドライダーミーティングに参加した所、クラッチは良いんですが、
ブレーキがどうしても2フィンガーになってしまい、自分にはあまり向いて無いのかな~と思い、
ノーマルに戻しておりました。

セローに付けた力造のレバーの出来が非常に良く、WRもこれにしちゃおうかと思ったんですが、
せっかく頂いたレバーがあるので、もう一度何が問題なのかを検証すべく付け替えみました。

ついでに、ちょっと重く感じていたのでワイヤーオイルを注油しました。
まぁ、セローが軽すぎるだけなのですが...
しかしちょっと軽くなりました。ワイヤーオイルも定期的に注油した方が良いですね、
今度、セローとFZ6にも注油しましょう。

そして3フィンガーに変え、これはレバーの位置調整ができるので、ちょっと走って調整を繰り返し、
自分なりにベストな位置に調整しました。

クラッチはミートポイントを好みの場所にすれば良いので割と早く出来たのですが、
ブレーキが難儀しました。

私はクラッチは人差し指と薬指の2フィンガーでセローに乗っています。
たまに3フィンガーになっている時も有りますが小指だけはハンドルから離さないようにしていました。

んが、ブレーキは親指とひとっさーしゆ~びの2本でアクセルコントロールをしており、
自動的にブレーキは中指と薬指になっていました。
小指は浮いてしまっていて有効に使えて無かったんです。

かと言って親指と小指でアクセルコントロールはちょっと無理が有るので、小指はブレーキ操作に回したいん
ですが、これだとレバーの長さがちと足りない。かなりハンドルの内側を持たないと小指までは使えません。
かなりすし詰め状態です。

んん~、調整機能は魅力なんですが、ブレーキ操作にちょっと難が...
これは完全に体に染み付いた癖ですね。

私は通常はブレーキに薬指を必ずおいています。これがあまりよくない癖なのかなと、
グッドライダーミーティングの短制動でもリアは直ぐにロックさせちゃうのにフフロントはまだ弱いから、
強く握って、制動距離を縮めてくださいと何度も注意されました。

これはちょっと課題がまた見えてきました。この3フィンガーで矯正をするのがいいのかもしれないので、
ちょっとこれで暫く走ってみましょう。

しかし、まぁ、低温時のBT-090はまるでグリップしません。
路面が濡れてないのに、まるで雨の日のようにマンホールで必ず滑ります。
こわいっす。だから125ccを買おうという流れになったんですが、普通にもっと低温でも食うタイヤに
変えれば済む話だったのかもしれません。

しかし、そこでKLX125と出会い林道を走り、オフの楽しさを知ったので、結果オーライなんですよね。

オフと言えば、CRMさんはウエストバッグで来ていました。
以前、KAWASAKIのイケイケ店員さんもオフはずっとスタンディングだから、コルセットしといた
方が良いよ、腰痛めるからと言われた事があります。

CRMさんが使っていたウエストバッグはかなり幅広のもので、コルセットの効果もありそうなものでした。
WRと同じバッグを買ってしまいましたが、そう言うものの方が良いのでしょう。
林道で見かける方たちも殆どシートバッグでしたから。

課題がありすぎる、実はFZ6のハンドルはちと遠いので、グッドライダーミーティング用に
もっとアップ&手前になるようにしようかと画策していたのですが..やはりノーマルから
変更するのは勇気が要りますね。

さて、カス虎の新刊でも読みつつ、寝落ちするかな、こないだパズドラの途中で寝落ちしてたな、
黒猫やディバインゲートは無理だけど、パズドラはバズルが単純だから寝ちゃうんですよね~



関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR