テストライダーという仕事 ブログ

私が読んでいるブログ

テストライダーという仕事

以前も紹介したかと思いますが、某タイヤメーカーのベテランテストライダーさんのブログで、
多岐にわたり、非常に信憑性の高いブログであり、且つ、このような内容を一般公開してくれる
pitts さんに感謝しながら読んでしました。

最近購入したBMW K1300Rに関しての問題点、日本BMWの問題点を指摘されており、
BMWオーナーへ危険がある事を警鐘していました。

ところが、コメントには感情的なものが多く、支離滅裂、一方的な怒りが多く
pittsさんはコメントに呆れてしまったようで、最近更新されていません。

BMWオーナーの民度の低さが露呈しています。嘘だと思われる方は記事とコメントをご覧ください。

この方の情報は非常に貴重で且つ有用ですので、一部の心ないコメントで記事が止まってしまうのは困ります。

いや、マジで勘弁してほしいです。




関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もそのブログよく読んでます。
お仕事忙しい方のようで、集中的に更新したあとしばらく更新が無かったりとかは以前からです。以前は海外に長期出張とかもあったようですし。
なので、大丈夫なのではないかと個人的には思います。

ところで全然話は変わるのですが、XJ6/ディバージョンってどうですか?
重量やパワー、価格などの点で、大型ビギナーにオススメするのには良いのかなと思うのですが、一つ引っかかることがあるんです。

というのは、原因がよくわからないスリップで転倒している人が、ネット上だけで3人もいるんです。
一人は交差点でリアがスリップして転倒。
もう一人はフロントがセンターラインを踏んだ瞬間にスリップダウン。
で、3人目がゴレンさんです。

バンク角が低いという話はありますが、転倒の例を見るとそれだけが原因とも考えられないんですよね。
根拠の無い話でヤマハを悪く言うつもりはないのですが、はたして偶然なのでしょうかね?

Re: No title

確かに、結構更新間隔が空くことがありますね。
こないだの海外テストの時は長かったです。待つしか無いですね。


きました。XJ6ディバージョン。
私の初大型バイクです。仰るとおり大型初にはお薦めバイクです。

スリップして転倒ですが、私は2回転んでまして(^^ゞ

1回目はバンクをさせすぎて、タイヤの皮むきが終わってない所に前後輪が入って転倒です。
最初は何故転んだのか全くわかりませんでした。

これはお書きになっているバンク角が浅いと言われている点と関連があります。
XJ6のバンクセンサーは直ぐに接地するのですが、この時にはまだタイヤの端まで
行かないんです。私はビビってそれ以上バンクさせないようにしていたので、
タイヤの端の皮むきが出来て無かった状態だったのに、端まで寝かせて行ってしまいました。

2回めはもう一人の方とほぼ同じなんですが、ライン取りを失敗し、
フロントがセンターに乗った瞬間バイクが1回転半しました。
ただ、山から水が流れ出ていて、そこだけ濡れていたので、乾いたセンターラインでは
どうなるかまでは、試したくは無いです。
XJ6はノンカウルのNもあり、それに比べややフロントヘビーなのが要因かも知れません。


XJ6はリアタイヤが最近流行りの180では無く160を履いています。
それが大きな要因だと思うのですが、バンクさせるのが容易なので、ついつい楽しくて
バンクさせてしまいます。タイヤの端まで使うのも容易なのですが、その場合は
バンクセンサーを外してしまい、むけ具合を確認してからではないと速度は上げないほうが
良いと思います。

バンクセンサーを外すと今度はステップを擦り始めるのですが、流石にそれ以上は
やめた方がいいと思います。人によっては更に倒してセンタースタンドまで擦る人も
いるようですが...

基本的にはツーリングバイクなので、そこまで寝かさない人の場合は問題無いんですが、
セローと同じ感覚でべったり寝かせたりすると行っちゃうと思います。重いので。

飛ばしたい人は、初期のBT-021よりスポーツよりなタイヤを履かせれば、コケる確率は減ると思います。

XJ6の罪は、ツーリングバイクの癖にスポーツ走行性能がかなり高いと言う事になるのかと、
また、その気にさせてしまうハンドリングになっている所でしょうね。

その辺を理解して、飛ばしたいならバンクセンサーを外して皮むきをきっちり終わせとけば、
ツーリングタイヤでも、そうそうコケる事はないと思うのですが..

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR