元 ツーリングセロー エアーポンプとか

雨で走りに行けない、乗りたい、乗りたいよ~、土日は晴れて~ orz

さておき、私はツーリングに行く前、オンでもオフでも必ずスタンドに行って空気圧を合わせてから出かけます。
走りはじめて、まだタイヤが温まる前の状態です、温まると空気圧は上がってしまうからです。
季節の変わり目、特に寒くなって来ると毎回、激下がりしてます、昔のなんの頓着も無かった頃の自分、
かなり怖いです。

んで、ちょっと気になっていたのが、セローのマニュアルによると

1名乗車時:F 1.25 R 1.5
2名乗車時:F 1.5 R 1.75
高速走行時:F 1.5 R 1.75

とありまして、高速走る時は上げた方が良いのかな?と上げたらどんな感じになるのかな?
と言う疑問がわきました。

ただ、空気圧を上げると制動距離が長くなるのは経験上知っているので、高速に乗って直ぐに
ブレーキをテストし、こらあかんわと思ったら、直ぐに下げようと思いまして、これ買いました。

20131005_1

空気圧計ですね、ただこれで空気を抜くことは可能ですが、万が一抜き過ぎた。
てな事も考えられるので、エアーポンプも同時に購入です。

つーか、オフに行くなら基本装備だったでしょうか(^^ゞ

このポンプはこんなんなります。

20131005_2

おお、凄いと思い早速使ってみたのですが、多分そうだろうな~と思っていた通り、空気を入れるのは
果てしなく重労働です。シュコシュコやって、測っても殆ど上がってない、空気圧計を刺す時にちょっと
曲がって入れると、プシューと抜けてしまうので、折角の苦労が一瞬で水の泡です。w

まぁ無いよりましってとこでしょうか。


もう一つ気になっていた事、以前も書きましたがハンドルのバーエンドですね。
なにも、グラブカバー用のやつを付けとくこともないだろうと思い、プラスチックのものに交換しました。

左              右
20131005_4 20131005_3


ん~、先に左からやったんでしょうね、で、グラブカバーを付けてみたら、あれこんなに切る必要
無かったのか、で右はバーエンドの所までしか切ってませんが、切り口は見ての通りです。

今、もらった取り付けマニュアルを見ましたが、123mm ときっちり指定されてました。
マニュアル読まなかったんですね。

ん~、正直、自分でやったほうがマシな気がします。
自分のバイクならもっと丁寧にやりますので、メカの人はただの仕事ですからこうなっちゃうんでしょう。

自分でやるから工賃分引いて...せこいな、自分。(^^ゞ



関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR