Under400 その2

もう少し、読み進めていたのですが、変な記事がありました。

・試乗2台対決「シンヤが斬る」/HONDA CB400F & KAWASAKI ER-4n

企画としてはいい目の付けどころだと思いました。
CB400Fの対抗馬としてはER-4nが妥当だと思ったからです。

ただこのライター、シンヤとかいう人ですが、日本語作成能力がありません。
更にどう考えてもライテクレベルが低いとしか思えない内容でした。

ER-4nの方が立ちが強い、こういう事は無い話ではないと思います。

ハンドルを切るような低速で曲がる時にCBはすっと行くが、
ER-4nはハンドルを切るか寝かせるかどっちかにしろと言ってくる。

??前提でハンドルを切って曲がるシュチュエーションと書いておきながら、
ER-4nでハンドル切らないで曲がろうとしたんですか??
イミフです。プロのライターなら、私のような馬鹿にでもわかるように書いて頂きたい。

この特性がUターンの時は逆に働く、CBはふらつく、ハンドルの幅が広いのも要因
ER-4nは安定している。

??Uターンでふらつくってなんぞ?Uターンしづらいとかならまだしも、ふらつくなんて
ニーグリップが甘く無ければ100%発生しない現象だ。更にハンドル幅が広いほうが、
低速時のコントロールに向いている、ハンドル幅が狭いトライアル車がこの世に存在するか?
もうこれだけで、ただのド下手糞だと言うのが丸出しだ。

初心者向けの雑誌なのだから、嘘を書いてはいかんだろ、試乗が出来ない人は
この記事を鵜呑みにして選択する可能性も充分にあるのだから。



関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 若いヤツ

先ほど、友人からメールが来てまして、私の買った雑誌が人気があって売り切れていると本屋に
言われたらしいです。そこで、ネットで検索したら私のブログがひっかっかったそうで、
驚いてメールして来ました。 シンヤさんはわたしより年上で、結構この業界では有名な人との事でした。

なので、変なコメントがくるのではないかと心配していましたが、まだ苦情コメントは0です。

これから来るかもしれませんが、ちゃんと私が納得出来るコメントがいただけるのであれば
ウエルカムなのですが、誰もコメントしてくれないと言うことは、まぁそういうことなのかなと。

シンヤが斬る をぶった斬ってしまった事になるんですね。

最近の若者もよくわからないです。31歳の人が入って来たのですが、家にTVが無いそうです。
全て、ネットで済ませているとの事でした。

共通の趣味でもあれば別ですが、せめてTVくらい見てくれないと話すこと無くて困ります。
しょうがないので、ことわざについて話したりしてます。

日経新聞の記事で、孫社長が臥薪嘗胆とか出ていたら、臥薪嘗胆って意味わかる?とか。

バイク離れ、車離れ、TV離れ、お前ら何しとんじゃい! と聞きたくなります。
まぁ、ネットと答えるのでしょうが...

林道は怖いですね、私が行く所は千葉なので、都心から近いのもあってか、人、バイク、車w
いろいろ来ます。私もどんなに草が生い茂っていてもキープレフトで草に突っ込んで行きます。
対向バイクがWR250Rでかっとんできたら、右走っていたら絶対避けられないからです。


ブーツが変わると全然感覚が変わりますよね、私もOFF用のブーツでWRに乗ってたら、
なんかギアの入りが悪いなと思って、訝しく思っていたのですが、あ、ブーツが
違うからだと、途中で気づきました。不思議なものですね。

そうなんです、山ないんです、ただ平地ばかりといわけでもなく、中途半端な土山があるかんじです。

そして、千葉には涼しい所はありません。林道入っても暑いんです。
私が北方面の林道に行きたいな~と思う理由の一つがこれです。

折角、山に入るのだから、ちょっとは街中より涼しいなと思いたいなぁとw

まぁ、行ってみないと涼しいかどうかはまだわからないのですが..

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありゃりゃ・・・

セロー225の後輪がチューブレスになったWEでしたか、あれが良いという方が多いですね。

散々、文句を言っているUnder400ですが、冒頭の記事は凄く良いんです。
4人で乗り比べ総論を書いてあるのでとてもいい記事になっています。
だから逆に、わけらからん記事に物申した訳で...

CRF250Lの悪い点は重さ、しかも140KGだからではなく、マスの集中化ができていないので
カタログスペック以上に重く感じる。
KLX250は成熟され良く出来てはいるが、いかんせんフレームやら見た目の設計が古過ぎる。
KTMのFREERIDE350はオフロードに入れば水を得た魚、オンロードではまな板の上の鯉、
トライアルタイヤを履かせたものの、オンロードでは道路工事の掘削機のようです。

そしてセロー、初心者用だけでは無いと、初心者向けに限界まで空気圧を下げられ、
大グリップを得られるチューブレスタイヤが必要ですか等とセローが本格的なオフ車
である事を熱弁していました。

私はパンクしづらい為だけなんだと思っていたのですが、そういうシュチュエーションでは
そういう事が出来るのかと、非常に興味深い記事でした。まぁ私がやる事は無いと思いますが..

富士山ですか、確かに涼しそうですね~、涼を求めて林道めぐり、やりたいです。

真っ白トンネル、大変ですね、でも車でも真っ白になると思うんですが、苦情とか出ないんでしょうか。

奥多摩走る時はUターン時にタイヤチェクはしてましたが、触って温度の確認まではしてませんでした。
次からはやってみます。この気温でWRで走ったらまたあっという間にスリップサインが出そうです。

こないだタイヤ1本分程、お上に献上したのできついですね~ orz

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 販売年数

長生きモデルはやはりそれなりに売れ続けているから作り続けているのだと思います。

良い悪いは別で、売れる売れないだと思います。

SUZUKIのジェンマが生産終了になるそうで、あれはまだ売り始めてからいくらも経ってないと
思います。開発費もかかったでしょう。しかし売れないので終了です。

SRは長生きですね、確か1回セル併用も出したような気もしますが、またキックに戻したかと、
乗ったことが無いのでなんとも言えませんが、400の単気筒をキック1発でかけるだけで幸せな気分に
なれるのではないかと思われます。知らない人はエンジンをかける事すらできない、
多分、そこにオーナーは優越感に浸れるのでしょう。

昔ですが、千葉HARTでオフロードごっこと言うのが有りまして、最後にレースごっこをやるんですが
何人かいたら、私は必ず1番目でした。キックスタートが他の人より上手いようです。
NS250Rで慣れていたからだと思いますが、必ずスタートのホールショットを取れました。
運転技術は皆似たようなものなので、それが結構なアドバンテージになってだいたい1位でした。

キックは味がありますね~、まぁエンストした時はきついですが...

SRX400は昔、試乗した事があります。加速する時に振り落とされそうになりました。w
SRX600は今で言うDUKE650みたいな感じなのかなと思います。
スリム、軽量、怒涛の中低速トルク、高速コーナーメインでない峠ならかなり速いと思います。

お子さんもみなバイク乗りになって行くんですね、お子さんだったら、ちゃんと初心者向けの
バイクはこういうのを選びなさいと助言できますね。

私の会社の女性が中型 → 大型を取りました。
ハーレーに乗るようです。本当は色々アドバイスをしたいのですが、
大きなお世話と言えば大きなお世話なので、なんか聞かれたら時くらいに
答えるくらいで良いのかなと思っております。

今日はこちらも38度まで上がりました。待機週なので走りに行けないので、
メンテしようと思っていたのですが、メンテするのもやばそうな気温です。

明日の朝、早起きして気温を確認しようかなと思っております。


プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR