バイクの漫画

今朝9:00前にプリンターが届く。

壊れたので昨日発注したら速攻で来た。はや!

んで、セッティング開始...だが、ど~やっても無線LANで印刷が出来ない(T_T)
プリンターはちゃんと無線LANにつながってるんだけど、パソコンから見えないんですよね~
論理上は問題ないはずなんですが → 挫折(ま、滅多に印刷なんかせんしw)

そんなこんなで時間を費やしてしまい、本の整理をちとしてみたら、
処分してしまったと思っていた漫画を発見

 ふたり鷹

所謂バイクブームの中、バイク漫画も色々ありました。

一番有名なのは、バリバリ伝説 でしょうね。
B級に上がった時に付けたゼッケン56のまま、WGP優勝まで行ってしまう。
中野真矢さんがこの漫画の影響でゼッケン56を付けて走り、
その後56designと言うブランドまで作ってしまったくらいですから、
面白さはお墨付きですね。

その影に隠れてしまった1つが ふたり鷹 です。
以前、NC700でバイクの進化が遅いと言う話題がありましたが、
改めて ふたり鷹 を読んで、やはりバイクの進化は遅いなと思いました。
20年以上前に新谷かおるさんが描いたこの漫画の中の技術がいまだに実現されて
いないのですから....

個人的に好きだったのは ペリカンロード です。
こちらはまさに等身大の高校生の話、優等生がバイクに目覚めるんだけど、
いつの間にかグループのヘッドになっちゃって、因縁のあるチームとの抗争に
巻き込まれ....
数年前、TWで街中を走っていたら、抜かれたバイクのメットの後ろに、
この漫画に出てくるフェルト・ヘルン・ハレの f マークを付けている人を見かけました。
確かに、主役よりかっこ良かったからな~、TWでは追いつけませんでした orz
まぁあれ付けるくらいだからかっとぶ人なのでしょうw


小ネタ
湘南爆走族と言う漫画が映画化される時、江口洋介はオーディションに合格し、
主人公の 江口洋介 役でデビューし、その後、芸名もそのまま 江口洋介 にしてしまった。
ちなみに 織田裕二 もこれでデビュー石川晃役




関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR