トライアンフ ストリートトリプル85 試乗

トライアンフ店の前を通過した時、あれ?

赤いスピードトリプルだったのが、違う色の試乗車になっている。
レッツUターン、む、ストリートトリプルやん。

ストリートトリプルの試乗車が入ったら連絡くれるって言ってたのに嘘つき~
とか思いつつ何食わぬ顔で、こんにちは~ストリートトリプル試乗できますか~と入店。

多分、同じ店員さんだと思うが、まぁいいか。

20130727_11 20130727_12 20130727_13

クラッチミートしてスタート、マイナー前はドンツキがあったが改良されたと言うだけあって
スタートはすんなり、前が空いた所で加速すると、ドカンと加速した。

正直、スピードトリプルもあり、ストリートトリプルは馬力も下げて来たので、
もっとジェントルな感じなのかと思っていたのですが、思い違いでした。
ジャジャ馬でした。

エンジン音が独特です、3気筒、ギュイーンと言う感じですね、出力特性は低回転では
2気筒のようにトルクフルと言うかじゃじゃ馬加速、まわすとやや4気筒に近くなるように感じました。

ポジションですが、乗って直ぐに感じたのがハンドルが遠いです。
私が買ったとしたら直ぐにもうちょい手前に調整するでしょう。
あと、少し低めに感じました。
しかし、これはDAYTONAの兄弟車と考えると当たり前なのかなとも思います。

400クラスのサイズと重量、そこに85馬力、このスペックから期待度が大きかったのもありますが、
思っていたものとは違いました。

昔、試乗したDUCATIのモンスター696に近い気がしました。

白    青    旧型のR
20130727_9 20130727_10

スペックだけ見ただけではわからないですね、やはり乗って見るとよくわかります。
日本車の試乗会に行くと、ここまでキャラクターが立っているバイクはいません。

良くも悪くも外車ですね。

かなりキャラが立っているので、これを買うのは勇気が要りますね。
FZ6に比べると、排気量や馬力は似たようなものですが、4発のスムースさはなく、
ドカンと来ます、ピックアップが良いんですね、車重の軽さも効いてるんだと思います。

WRもキャラ的にはドカンキャラだと思いますが、そこは250ccなので、それなりです。

うまい事がいえないんですが、FZ6とWRを混ぜたような感じです。

要するに、ゆっくり走るようなツーリングバイクではなく、常に攻める感じのバイクです。

DAYTONA675には乗った事がないのですが、ストリートトリプルでこれだけのパフォーマンスが
ある事から考えて、ほぼサーキットを走る為のバイクなのではないかと思われます。

よく出来たバイクなのは間違いありません。価格も装備から見れば破格です。
ただ、なんとなくですが、あまり長く乗るバイクにはならないんじゃないかなと思いました。

そういう意味で、改めて日本車の全てにおいて中庸、良く出来ていると思うけどつまらない。
とよく言われますが、それはそれで、ある意味すごのかななんて思ってしまいました。

だってまだ私はFZ6に飽きてません。調子が悪くなってきたら、どらどらとメンテしながら
気長に乗って行くと思います。

外車は尖っていて面白い、けど尖り過ぎていて、乗っていて疲れて手放す人も結構いるのかなと
思いました。 そう言う意味ではハーレーは尖ってないので乗り続ける人も多いんだろうな~とかも。

SS疲れ なんて言葉もありましたね、SSで目を三角にして乗り続けて、疲れて250ccに乗り換え
これで充分面白いじゃん。なんて流れになるのもこれに近いのかな。

まとめますと、SSまでは必要ないけど、4発のネイキッドではもの足りない。
いざとなったら、ドッカンパワーが欲しい。
あまり長距離ではなく日帰りで峠によく行くがたまに普通のツーリングにも行く。
軽くて、足つきも良く、それ程高価ではないバイク。

こんな感じでしょうか、サーキットが主でなければDAYTONAでは無くこちらを買った方が
幸せになれると思います。また、日本車でも過剰な改造をするくらいならこちらを
買ったほうがてっとり早いです。カウルくらいしか買い足すものがありませんので。

買って損はないと思います。ある意味オールマイティーなスプリントランナーです。

FZ6とWRを両方手放して一台だけにしろ、と言われたらこれを選ぶと思います。多分(^^ゞ

あ、3気筒のせいかGパンでしたがあまり足が熱くなりませんでした。
おまけ情報。ドカはリアシリンダーが足にモロなので死ぬほど熱い。


テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR