免許改正について

少し前の記事ですが、下記のような物を読みました。

日本自動車工業会が四輪車の免許保持者は1~2日の講習だけで
原付2種の免許が取れるようにすることを提案した。

バイクメーカー4社にとっては125ccクラスのライダーを増やして、
低迷する国内需要を回復させたいと言う狙いなのでしょう。

私は賛同できかねます。

現在の4輪免許を取ると原付に乗れると言う事自体がそもそも間違っていると思っているからです。
4輪と2輪はまったく別の乗り物です。2輪車に乗るにはそれ相応の技術が必要です。
たとえ原付であっても教習所できちんと運転技術を習得してからではないと免許を与えるのは
間違っていると思います。

そもそも2輪車の売上が下がったのはバイク用の駐車スペースを用意せずにいきなり取締だけ
始めたからではないでしょうか?
本来であればインフラを整え、2輪車用駐車スペースをきちんと作った上で、そこに停めない場合は
取り締まると言うのが筋でしょう。

自宅にバイクの駐車スペースが無ければ所持も不可能、これでは買える人は限られてしまうので、
売上が落ちるのは当たり前の話ですよね。

やるべき事が間違っていませんか?メーカーさん。

4輪のおまけを50 → 125にしたら、不幸な事故が増えるのではないでしょうか?


テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR