FZ6 奥多摩 ねずみ取り

9/26 またまたFZ6で奥多摩に行ってきました。

行きの高速で途中事故渋滞があって、すり抜けしてたのですが、
同じくすり抜けているBMWに追いついてしまいました。

私の感覚では、もし後ろからバイクに追いつかれたら、明らかに自分よりも速いペースで
すり抜け出来る人なので、車と車の間に入って道を譲ります。
しかし、BMWの人はまるで譲る気がありません。

更に言うと、すり抜けをしていてブレーキをかけるなんて事は、よほど不測の事態
(車が突然車線変更してきた、やたら道の片方に寄っている車がいて明らかにすり抜け出来ない等)
が無い限りありません。逆にブレーキをかけながらすり抜けするような状況は非常に危険なので、
すり抜けすべきではないと思っています。そういう場合はおとなしく車の後ろについて行きます。

私が見ていた限りではすり抜けするのに十分な間隔があるのに、ブレーキをかけながら、
おっかなびっくりすり抜けているのです。

なんか、昔からある暗黙のマナーが今はないんだな~と思ってしまい、
ライダーの質もずいぶん落ちたなと、ふと悲しくなりました。
まぁ、別に譲るかどうかは本人の自由なので、どうこう言う筋合いも無いのはわかってますが。

そんなこんなで、上野原で下りて33号線に入り、コンビニで水分補給をして、また走り始めました。
すると、えらい勢いでセロー(多分)が2台後ろから来たので、左に寄って先に行かせました。
おぉ、元気いいのう。等と思っていたら対向車からパッシングが来ました。
なぬ?ねずみ取りか?と思いすかさず40KM/hに減速、と行っても元々飛ばしていなかったので、
ちょい落としただけなんですが...
すると前方でやはりねずみ取りが、そしてさっきの元気いいセロー2台が呼ばれて側道へ
吸い込まれていきました。あれ~?パッシングに気がつかなかったのか?
それともパッシングの意味を知らなかったのか?どちらにしても残念、ご愁傷様です。
まぁ、私も昔、ねずみ取り、パトカー、白バイと立て続けにスピード違反で捕まり、
免停120日、首の皮一枚まで行った口なので人の事言えまへん。

今回は周遊から139 → 18に入れました。前回は完全にコーナーの出口しか見ておらず、
18号へ入る道を見落としたんですね。あんなにちゃんと道路標識が出ているのに...orz

18号のタイトなヘアピンに少し慣れたようで、前回よりもバイクを寝かせてクルリが
気持よく出来ました。帰宅後にタイヤをチェックしたら、後輪は相変わらずあと1CM
くらいでしたが、なんと前輪が明らかに今までより端に近づいていました。
でも、まだ3CMくらいはあるんですが...

FZ6は後輪のラスト1CMが前輪のラスト3CMと同じようです。
きっちり端まで使える日がいつになったら来ることやら orz
まぁ、コケない範囲でライディングの試行錯誤を続けようと思います。

FZ6は懐が深いのかな? XJ6はあっという間にバンクセンサーをスって、
そしてバンクセンサー外したら、ステップをスって、そしてきっちりタイヤの端まで
使えたんですが...

単に私が度重なる転倒でビビリになっているだけなのか、XJ6が乗りやすいバイクで、
私のような下手くそでも、その性能を簡単に引き出せるすばらしいバイクなのか、
2:8で多分後者のファクターの方が大きいような気がします。
XJ6、良いバイクだな~、しかし新型なんだから当たり前なのかな?
しか~し、昔を懐かしんでいてもしょうがないので、私はFZ6を極めるのだ!
...出来ればあんまりこけずに o(TヘTo)

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR