リアルカメ学 参加!

リアルカメ学に参加して来ました。

Youtubeチャンネルのカメラの学校のWS企画、リアルカメ学に参加してきました。

ユリカメラ先生
20180715_1
ユリカメラ先生のキャラには癒やされまくりです。
お美しいだけではなく、声が素晴らしいです。

正にヒーリングボイスです。

ヒロキメン
20180715_2
御本人たっての希望で飛ばし気味に仕上げました。
ルパンのポーズです。

お二人とも、Youtubeで見たまんまで、くつろいで、WSを楽しめました。
ユリカメラ先生の緊張しても良いんですよと言うお言葉で、胸がなでおろされました。
(今日だけ、今日だけ(^_^;))

SIGMAの山下さん。
20180715_3
いい人そうな感じがにじみ出ていました。

SIGMAさんから85mmArtレンズを借りてポトレしました。
20180715_5 20180715_4
お借りしたレンズは全て開放で使いました。

今日はストロボを使わないので、窓からの半逆光で撮影しました。
まぁまぁなんとかなるものですね。

ちなみに白い服のモデルさんの子は1枚目のテストで~す。
と言って撮った写真が一番出来が良かったと言う。w

続いて、今度はSIGMAさんのカミソリマクロを借りて、テーブルフォトです。
20180715_6 20180715_7
開放F値は2.8ですが、ドーナツが綺麗に切り取れたのではないでしょうか。

ちなみにドーナツはそのままおやつになります。w

最後にサインを頂いて、記念撮影をして終了です。
いや~楽しかったな~、いつもこれじゃ駄目なのはわかっているんですが、
たまには良いですよね、プロカメラマンも人間、色々いますよね。

そう言えば、仲道さんの所にゲストで来ていて知ったんですが、
最近、老人と文学舎のYoutubeチャンネルをよく見ています。

こちらも伴さんの所に負けず劣らず、尺が長いですが、
光の演色性について延々と語っていたりしてなかなか見ごたえのあるチャンネルです。

オールドマン武川さんのキレのあるトークやNikonn愛ぶりがすごく面白く、
文学横田さんは映像のプロなんですが、写真は初心者な所がまたバランスよく見ていて面白いです。

まだまだ、私が知らないだけで面白い写真関連チャンネルが沢山ありそうですね。
カメラの学校共々、勉強させていただきます。

それでは、また。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 趣味・実用

初カメラにCanon 6D 買って正解?

それまで、コンデジをフルオートでしか写真を撮ったことがなかった私が、
写真を始めようと思い、Canon6Dを買って撮り始めて約5ヶ月経過しました。

ここまでを振り返らせて頂きます。
カメラにはず~っと興味がありました。一眼レフカメラを設定して撮影している人に憧れを持ったものです。
ちゃんと写真を始めようと思い立ち、カメラ選びから始めました。

以前にも書いた気がしますが、6Dに決めた経緯を書きます。
綺羅星の如く並ぶカメラ達、メーカーも沢山あり、更に機種も多彩に揃っています。

まずメーカー選びから始め、シェアNo.1のCanonにしました。(2017/2当時)
機種はカメラに詳しい会社の人から、(割と最近こいつがただのカメオタだったと言う事実が発覚w)
どうせ入門機を買っても直ぐにもっといいヤツに買い換える事になると言うアドバイスを受け、
フルサイズ機に限定しました。

お気づきだと思いますが、私は割と単純な奴です。

Canonのフルサイズ機と言う事で、一番安い6DMK2に目をつけますが、ちと高い。
5DMK2の中古はどうかと思ったんですが、
イルコさんのせいで(w)5DMK2の中古価格が高騰していて、当時10万弱くらいでした。

そこで、6DMK2が出て安くなった6Dに目を付けました。(キラーン)
6Dならまだ新品で10万くらいなので、5DMK2の中古と大して変わりません。

6Dの方が軽くて小さいと言うのにも惹かれて、購入を決意しました。
いきなりフルマニュアル露出で撮り始めました。

撮り始め当初は露出計の見方も知らなかったので、真っ白、真っ黒のオンパレードでしたが、
逆にかなりの速度で露出の脳内計算が出来るようになっていったと思います。

人間は不便な方が覚えるのが早いと言う事を実感しながら、狂ったように撮りました。
最初はバイクで走って、桜とバイクとか景色とバイクとか。
次にタムロンの70-300望遠レンズを購入して関東近辺の動物園をほぼ制覇したと思います。

ちなみに私の行った動物園は以下の通りです。
市川、井の頭、上野、東武、多摩
一番印象が良かったのは井の頭です。

Snapも始めました。
Snapはちょっとでも気になったら直ぐに撮る、帰って見てもゴミだろうなと思いながらも、
ひたすら構図を整えて撮る。近場から電車で遠征したり、
とにかくどこでも出来るのがSnapの面白さだと思います。

江戸東京たてもの園にも2回行きました。

伴さんや仲道さんのWSやフォトクラブに参加し始めるようになり、
他の人の写真の上手さに打ちのめされる経験もし始めました。

Lightroomも使い始めて現像の面白さもようやくわかり始めました。

私のやり方が、とりあえずやる、やって失敗して覚える方式なのですが、
昔からこのやり方なので変えられません。

ここで、失敗と書きましたがカメラ選びに関しては失敗だったとは全く考えていません。
逆に大成功だった思っています。

こないだ、アキヨドに行ってα73を触って来ました。
これだけ皆さん良いと言っているカメラなんだから凄いんだろうなと思ってワクワクしながら触りました。
ちなみにSONYのRX100を買い足しており、露出が画面で見られるのには感動済みでした。

店員さんに聞いて瞳AFを試します。
店員さんが子供の写真を貼ったうちわを色々動かしてくれたのですが、まぁ食いつきますわ。
被写体が人の場合のピント合わせを、ほぼ考えなくて良くなります。
構図だけ考えて瞳AFにすればバシッとピントをとってくれます。

本当にSONYさんんは恐ろしいものを作りましたね。

通常の撮影はどうかなと思い、マニュアルモードにして絞り、シャッタースピードはわかったのですが、
あれ?ISO感度は?店員さんに聞くと呼び出して選択するんですが、
一旦ファインダーから目を離さないと出来ないのです。

それは嫌です。

6Dならファインダーを覗いたまま、右手だけで変えられます。
店員さんはISOを触ることはあまり無いですけどね、あはははっ
と言ってましたが、私はめっちゃISOの調整するんですよね。

基本はISOオートなんですかね?

時代はどうであれ、フルマニュアル露出修行中の身には扱いづらいことこの上ないです。
α6500やEOS kiss-Mも触ったのですが、6Dの操作のし安さの足元にも及びません。

ここで、改めてCanon 6Dの抜群の操作性を思い知るのでした。

他のカメラ(今回はSONYだけでしたが)を触れば触るほどに6Dにして良かったと思いました。
フルマニュアル露出を身につけたいと思っている方には6Dを絶対オススメします。
または同じような操作が出来るカメラならOKです。

他に6Dの良い点は軽いと言うのが上げられます。
正直、α73を持った時に劇的に軽いとは思わなかったんですよね。

これがNIKONのD850から持ち変えれば劇的に軽いと思うのでしょうが、
私の6Dからだと、ミラーレスでもこれぐらいはあるんだと言うのが正直な感想です。

かと言ってもっと軽いD6500やKiss-Mでは操作性がイマイチでした。
今回はついでにアキヨドに行ったので、時間があまり無くて他メーカーに触れなかったのですが、
また時間を取ってじっくり触りに行こうと思いました。

という訳で、ちょっと浮気心が出て、アキヨド覗いたら逆に6Dの良さを再確認しただけだったので、
6Dを褒めちぎろうと思ったのでした。

やっぱりね~、昔から写真を撮っていた先輩達がいらっしゃったからこそ、
今のCanonの操作性があるわけで、そこはなんと言うか大きな壁を感じました。

しかし、今はミラーレスへの移行期なのは確かなので、なかなか面白い時期に
写真を始められてラッキーだったなと感じております。

気がつけば長文でした。
それでは、また。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 趣味・実用

伴さん WS アメ横で夜スナップ 等

時系列的に近況報告です。

6/21に仲道さんのフォトクラブに行って、夜の渋谷でSnapして来ました。
一人、一枚づつ写真を見て皆で意見を言う形でした。

夜スナップを初めてやったので、昼間と勝手が違い、かなり苦労しました。
結局私は自転車の流し撮りをしました。

この日は仲道さん以外にプロのカメラマンの方が来ていて、色々とアドバイスを頂けました。
手前にガードレールが無い所でやった方が良かった。
シャッタースピードを落として光を流す方法もある。
逆にシャッタースピードを上げれば被写体の自転車がきっちり止まる等

すごく参考になりました。
他の方は力作揃いで、なかなかレベルが高いなと思っていました。
一番だと思ったのは地下に降りていく階段を撮った方で、構図がバチッと来ていました。

肝心の仲道さんは、あー、うー、なんかすんません。と言う写真でした。w

さて、6/23の夕方に日本橋に集まり、座学の後に御徒町に移動してアメ横で2時間Snapをして解散
翌6/24から添削会を行いました。

私はこんな感じのを撮っていました。
20180627_1 20180627_2 20180627_3 20180627_4
アメ横猫はオマケです。

参加者25名、提出枚数3枚、75枚の写真の添削を4時間かけて行いました。
ほぼ全員、ぶった切られます。w

添削会は全て録画されており、昨日Yotubeにアップされて参加者のみに公開されました。
それを見るんですよ、4時間かけて。w

伴さんのYoutubeにあげている、またはVimeoの有料動画はスルメのようです。
1度見た後に、自分で実際に撮ってLigtroomで現像して、また見ると、
1回目に見た時には気が付かなかった部分が出てきます。

自分の成長に合わせて、入ってくる情報量が変わってくるので、何度見ても新たな発見があります。

伴さんの動画を見て思うことがあります。
プロのカメラマンの定義です。

どのような現場でも、手持ちの武器を最大限に利用し、最高の写真を撮る事ができるのが真のプロ

何を撮るにしても、内覧でもポトレでも何でも、手持ちの機材を使用し、環境から何から使えるものは
全部使って、可能な限り最高の状態にして写真を撮る。

考えなければならないことはいくらでもあります。
こういう経験をより多く積み重ねた結果、良い写真が撮れるのでしょうね。

写真道、奥深し。

まだその入口近辺をウロウロしている自分のもがきっぷりが心地よい(マゾ?)


テーマ : 写真日記
ジャンル : 趣味・実用

ぷるぷる プラナー

Carl Zeiss Planar T*1.4/50 ZE  を買いました。

本当はヤシコンを狙っていたのですが、伴さん効果の為かマップカメラに玉が全然入ってきません。
どうしても、プラナーで撮ってみたくなり、ZEマウント(CanonEF)のプラナーを購入してしまった次第です。

早速、雨上がりの曇天の中撮影してきました。
20180616_1 20180616_2 20180616_3 20180616_4 20180616_5 20180616_6 20180616_7
生まれて初めてのマニュアルフォーカス撮影でした。

いかがでしょう?ブログの制限で画質を下げていますが、ぷるぷる具合が伝わりますでしょうか。
普通に木も撮ったのですが、等倍で見たときに葉脈(でしたっけ)の出具合とか半端ないです。

葉っぱの上の水滴の中にうちのマンションがきっちりと写り込んでいたり、
猫ちゃんのヒゲや毛の一本一本がはっきり、くっきりと解像されています。

ちょっと感激物です。(・Д・)ノ

こ、これがカールさんちのツアイス君のパワーか、恐るべしです。
このレンズで今度は人を撮ってみたくなりました。

マニュアルフォーカスなのに、猫さんがまっすぐこちらに向かって歩いてきた時は、
あ、あ~、猫さん、ちょっと止まって、ピント行方不明です。って感じになります。w

なるほど、マニュアルフォーカスを使い始めるとフォーカスリングがテラテラになるのは、頷けると思いました。


テーマ : 写真日記
ジャンル : 趣味・実用

槙 美空 ちゃん ポトレ その2

さてさて、みくちゃんポトレですが、垂れ流してもなんなので、
3枚セレクトした中で一番良いと言われた写真はこれです。

20180614_1]
頭の上が空きすぎていたので、トリミングだけしました。
あとちょっと明るくしたかな。

もうおわかりだと思いますが、スプリットです。
左側からフラッシュ、シリアスなスプリットになったのですが、たまたまポージングがらしいので、
成立している写真です。

顔をアップにするとわかります。
可愛い子をこういう風に撮ると怒られそうな写真なのですが、今日はありです。

みくちゃんの顔は本当にはまると凄く良いですね。

なんか、レンズ沼ではなく、フラッシュ沼と言うのもあるそうです。
同じ被写体でもライティングによって全然変わるので、あれこれ考えすぎると沈んで行くようです。w

プロフィール
おやじライダーがもがくブログ

ゴレン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リアルタイム時刻表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR